Author Archive

家庭用脱毛器、どんなメリット・デメリットがある?

ムダ毛を自分で処理をする時は色々な方法がありますが、最近は家庭用脱毛器が便利になっています。
以前のこのタイプの機械は性能があまり良くなく、十分な効果を得ることができませんでした。
しかし最近の製品は専門の業者で利用している技術を使ってるため、高い脱毛効果を持っており高性能です。
ただ家庭用脱毛器にはメリット・デメリットがあり、そういうことについても知っておく必要があります。
メリットとしては業者のところへ行かなくても、簡単に脱毛処理ができることで手軽に利用できる点で優れています。
更に最近の製品は長期間使えるものが多く、コストパフォーマンスの良い物が多く売られています。
脱毛効果も高く永久脱毛に近い効果を得られる製品も存在し、自宅で質の高い脱毛処理を利用できます。
デメリットとしてあるのは脱毛器の値段が高い場合が多いことで、商品によってはかなりの負担になります。
まだ脱毛器ごとの性能にもばらつきがあり、商品によって効果が違うことがあります。
このように家庭用脱毛器にはメリットとデメリットがあるので、利用する時はよく考えてから使ったほうがいいです。
ネットにはそういう違いについて詳しく説明しているサイトが多いので、参考にすれば問題が起きづらいです。

おすすめできないアンダーヘアの自己処理方法

夏になると水着を着る機会がとても多くなりますので、アンダーヘアの手入れをするという女性もかなり多くなる季節でもあるのです。
しかしカミソリや毛抜きを使用してアンダーケアの処理をすることは、あまりおすすめできないのです。
カミソリは一番手軽に自己処理が出来るグッズでもありますが、アンダーヘアに使用してしまうことによって、毛が伸びてきた時にチクチクしてしまうということがあるのです。
毛抜きを利用して自己処理をすると、かなり痛みを伴うという場合もありますし、毛穴から雑菌が入りやすくなってしまい、炎症をおこしてしまったり、場合によっては膿を持ってしまうということもあるのです。
こういった肌トラブルなどを起こさないためには、サロンで処理をしてもらうということが一番安全で確実な方法でもあるのです。
アンダーヘアを整えてもらうということにとても抵抗があるという女性が多いのですが、外国ではアンダーヘアをサロンで整えるということは一般的となっていますので、全く恥ずかしがる必要はないのです。
しかも希望すれば、自分の好みの形に整えてくれるということもありますので、エチケットのためにサロンに通って処理をしているという女性も増えてきているのです。

チクチクしない!おすすめのアンダーヘア自己処理の仕方

ムダ毛をシェーバーなどで処理すると毛の断面が鋭くなってチクチクしてしまいます。アンダーヘアのお手入れをするときには下着からチクチクムダ毛が飛び出さないように自己処理すると良いでしょう。
一番手軽なのはクリームです。気になる部分に塗ることでムダ毛を除去することが可能です。お風呂場で行えば処理が楽でしょう。クリームの場合は粘膜に使用できないことがほとんどであるため、Vラインのアンダーヘアに効果的です。
また、ワックス脱毛は粘膜部分のムダ毛も除去する事が出来るため、ハイジニーナのようにツルツルになりたい人におすすめです。毛根から除去するためチクチクすることはありません。
長さだけを短くしたいならばヒートカッターのような専用ケアアイテムもおすすめです。熱の力でムダ毛をカットすることが出来るため、チクチクしないで自分好みの長さにカットできるという魅力があります。少量ずつ毛束をとるとスムーズに処理できるため、やや処理に時間がかかるという点を考慮しましょう。
このようにチクチクしないおすすめのアンダーヘア自己処理方法はいくつかあるため、自分のムダ毛の生え方や希望などに応じて最適な方法を選んで自己処理を行うと満足できるでしょう。

自己処理でやってはいけないこと

気温が高くなり水着で泳ぎたくなる季節になりましたが、この時期女性はデリケートゾーンのお手入れなどで自己処理をする方も多いことでしょう。

サロンやクリニックに通うのでなければ、家庭用脱毛器や脱毛ワックスなどでの脱毛法もありますが、一番手軽にできるカミソリでの自己処理が圧倒的に多いかと思われます。

しかし、生理の時と、入浴中の自己処理は、なるべく避けたほうがいいとされているNG行動であることはご存知でしょうか。

生理の時は、肌質も敏感になる時期で、特にデリケートゾーンの周辺はただでさえ傷つけたら大変な場所です。
安易な気持ちで行って、炎症やかぶれなどの症状を起こす恐れもあるので、処理するのであれば生理前か終わったあとにしましょう。

また、入浴中が一番自己処理しやすい場所と時間帯であり、毛の質が柔かくなるので剃りやすいのですが、剃ったあとは湯船に浸かるのはやめておくことが賢明です。
湯船の中にはたくさんの雑菌がいるため、カミソリで剃ったあとの敏感な肌状態で湯船に浸かるとやはり炎症などを起こしやすくなります。
そして、剃ったあとにはワセリンや保湿クリームを塗るなどのアフターケアも十分に行うようにしましょう。

ムダ毛処理のよくあるトラブルとは

ムダ毛を処理する際、気軽に利用できるのがカミソリです。
安価で購入できて1つあれば何日か使えるため経済的ですし、持ち運びにも便利ですので外出時ムダ毛を見つけても、すぐに対応することができます。
しかし、手軽さなどメリットがあるだけでなく、気をつけなければ肌のトラブルも起きやすいのが現実です。
そのカミソリを使用したことによる失敗として挙げられるのは、まず肌の荒れです。
いくら皮膚に傷をつけないようにと丁寧に処理したとしても、ムダ毛が見えているぎりぎりのところを剃るわけですから、どうしても肌の表面まで削り取ってしまうことになります。
これによりキメが乱れればガサガサした肌になりますし、かぶれや炎症も起きやすくなるのです。
また、こういったトラブルが目に見えない場合でも、処理をするたびに少なからず皮膚へのダメージがかかっているため、1回1回は小さな負担だとしても、それが積み重なれば後に大きなトラブルになる可能性もあります。
たとえばメラニン色素が刺激されて発生する色素沈着がその一例ですが、しみのような症状ができると、肌荒れなどとは違い改善しにくくなってしまいます。
それでもカミソリを使用したいというならば、こういったトラブルが起きやすい点を頭に入れながら、肌へのダメージを抑えるためクリームなどで保護してから使うことが大切です。

針脱毛、どんなメリット・デメリットがある?

af9920073904l脱毛の方法に針脱毛があります。脱毛の中でも歴史は古く、永久的な脱毛が出来るとして効果が期待できます。
針脱毛をするメリットと言えば、スタッフによって1本1本処理を行うのでムダ毛を残すところなく脱毛が出来るという点です。レーザー脱毛や光脱毛では照射漏れの可能性も高く、ある部分だけムダ毛が残るケースがあります。また、白髪でも薄い毛でもどんな毛でも反応する事は他のレーザー脱毛や光脱毛では出来ない髪質でも可能という点ではこれまで毛の体質で脱毛を断られていた人でも施術が出来る可能性があります。毛根部だけにダメージを与えるので皮膚には影響がほとんどない点も安心して出来る魅力でもあります。
一方でデメリットもあります。針から電気を通して毛根部にダメージを与えるので痛みが強く感じやすいです。麻酔をかけれない箇所の場合には特に痛みには我慢せざるを得ません。施術時間においても1本1本の施術な為、全身の脱毛を希望する際には多大な時間と費用がかかる点が難点でもあります。日焼けが原因でレーザー脱毛で出来ない場所を針脱毛にするなど、脱毛を箇所によって使い分ける事でそれぞれの脱毛の特性を活かして時間と費用の節約にもなるでしょう。

レーザー脱毛、どんなメリット・デメリットがある?

gf2160330730lレーザー脱毛は医療機関で医師の診察の下で行われる医療行為であり、メリットと言えば、万が一の皮膚トラブルでも迅速に対応してくれる点や肌に自信のない人は医師に相談の上、出力を調整したり、痛みを調整できるクリームを使用した上で施術が行えるので肌に対して不安がある方でも安心して施術が受けれる環境が整っています。また、レーザー脱毛はレーザーの威力を用いて毛根部にダメージを与える事によって永久的な脱毛を可能とする為、エステサロンなどで行う光脱毛とは異なって一度施術をすれば毛が生えてこないメリットが大きいです。
一方でレーザー脱毛を行う際のデメリットもあります。医療機関が都市部に集中している事もあり、自分が通いたい範囲から遠い、または通える範囲にない場合もあります。また1回あたりの効果は期待できる反面、施術料金も高額です。1回では希望する部位すべての脱毛が完了しない為、数回通わないといけない事から数万円程度の出費を考えなければなりません。その他にレーザーの特性から黒いものに反応する為、肌がもともと黒い人は肌の火傷や炎症のリスクもあり、施術自体が受けれないケースもあります。施術期間中は紫外線によるメラニンを肌に溜めない事が大切で、期間中は紫外線対策に注意しなければなりません。

サロンでの光脱毛、どんなメリット・デメリットがある?

pls7950961女性の方にとっては脱毛処理は毎日のことですので、サロンなどに通って永久脱毛を行いたいと考えている方も多いのではないでしょうか、ではサロンで行われている光脱毛のメリットとデメリットはどのようなことなのでしょうか見ていきましょう。

まず光脱毛は黒色に反応をする光を照射することによって、毛を毛根から焼いていき脱毛をするといったメカニズムになります。

同じ原理を使用した脱毛としては医療機関で行われているレーザー脱毛がありますが、この2つの違いは出力の違いで、レーザー脱毛の方が出力が強くなります。

ですので光脱毛の方が肌へのダメージが少なくて済みますので、肌の弱い方であっても行うことができるメリットがあります。

デメリットとしては、1回の施術による効果が弱いので、複数回に分けて行わなくてはならないことです。これは肌への負担を考えてもそうなのですが、それ以外にも毛には成長サイクルがあり、そのサイクルに合わせて施術を行う必要がありますので、多くの場合6回程度は通う必要があるようです。

また光は永久脱毛をすることはできませんので、ある程度は毛が細くなったりしますが、完全に生えなくすることはできないこともデメリットと言えるでしょう。

彼女のムダ毛、どこまでならOK?

ld0010000323m彼女のムダ毛としてまず許せるのは陰毛でしょう。これは男性にも同じように生えているもので、素人女性の多くは生えているものなので、生えていて当然と認識している男性が多いと言う理由があります。
なかには未放置の状態では少し嫌悪感を感じる男性もいるため、長さをカットしたり下着や水着からはみださないように注意するなどすると安心でしょう。
産毛程度の背中の毛ならば許せるという男性もいますが、基本的に男性は女性のムダ毛がふさふさだと引いてしまう傾向にあるため、ワキや指先、腕や足など全身のムダ毛ケアをしておくことは重要です。
また彼女にキスをしようと思ったときに顔の産毛が濃くて驚くというケースもあるため、眉毛や頬、口周りの産毛はきれいに処理しておくと彼氏に近寄られても安心です。
ムダ毛をそのまま放置する女性は少ないものの、仕事が忙しかったり体調不良、季節の変わり目など様々な要因によって彼女のお手入れが不足しがちなときもあるため、男性はおおらかな目でムダ毛を見てあげると好印象を与えることが出来るでしょう。
一番ありがちな失敗は彼女に向かって指摘する事なので、例え気になったとしても優しく気づかせてあげるか、見て見ぬふりをしたほうが無難でしょう。